>

自分で作ってみよう

親子で一緒の時間を過ごす

日本の古くから伝わる、伝統工芸品を作れる体験が開催されています。
すると作り方だけでなく、日本独自の文化も学べるのでメリットがたくさんありますね。
初めて伝統工芸品づくりに触れる人も多いですが、経験が豊富な講師が教えてくれるので心配することはありません。
ただ中には刃物を使ったり、火を使ったりする工程があります。

それらを行う時は親が担当し、安全面を考慮しましょう。
また体験によっては、対象年齢が決まっています。
事前に確認し、子どもと体験できることがわかったら申し込みましょう。
最初は興味がなくても、実際に作ってみると楽しくて、子どもは夢中になれます。
特にものづくりが好きな子どもにとって、良い体験になるでしょう。

気軽に参加できるものづくり

ドライフラワーや香水作りの体験は、子どもでも気軽に参加できると思います。
特にオシャレに興味を持ち始めた女の子から人気があるので、子どもの趣味や興味に合わせて選んでください。
材料が、全て揃っている体験教室に参加するのが良い方法です。
すると自分たちは何も持って行かなくて良いので、手ぶらで行けます。

旅行の際は他にも荷物があるので、さらに体験教室の材料も持って行かなければいけないとなると、かなりの大荷物になります。
負担が増えるので、楽に参加できる体験教室を見つけてください。
子ども連れで行くなら、子どもからも意見を聞きましょう。
大人が勝手に決めるのではなく、子どもの意見を尊重することで有意義な旅行になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る