>

生き物に触れる機会を作る

様々な生き物を見よう

図鑑やテレビでしか、生き物を見たことがない子どもが増えています。
しかしそれだけでは、まだ勉強が足りません。
実際に見たり、触れたりすることで勉強できることがたくさんあります。
旅行を、自然を勉強する機会にすると良いでしょう。
特に山など自然が多くある場所に行くことで、都会ではできない珍しい体験ができます。

初めて虫を見た子どもは、怖がるかもしれません。
その場合は大人が、積極的に虫と触れ合ってください。
すると子供は虫に対する恐怖心がなくなり、興味を持って触れ合うと思います。
小さな生き物に触れる際は、ダメージを与えないよう優しくすることを教えましょう。
たくさん自然に触れることで、子どもは命を大切にする優しい心が育ちます。

食育に繋がるメリット

食べ物がどのように育てられているのか、田植え体験や稲刈り体験、さらに収穫体験を通して子どもに学ばせることができます。
実際に体験することで、食材を作るためには多くの手間が掛かっていることを勉強できるでしょう。
すると今後は、食べ物を無駄にしなくなると思います。
それが食育になるので、子どもを旅行に連れて行く際は、そのような体験ができるツアーに申し込みましょう。

体験する時は、汚れても良い服を用意してください。
着替える場所がないかもしれないので、最初から汚れても良い服を着て行きましょう。
さらに季節によって、できる体験が異なります。
同じ場所でも季節によって田植え体験だったり稲刈り体験だったりするので、いろんな季節に訪れると良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る